ケノン 効果 口コミ

MENU

ビフォーアフター写真お見せします!


 

ケノンで自宅脱毛に挑戦!

家庭用脱毛器ケノンを使って自宅脱毛に挑戦してみました。

 

脱毛前の手・足はこんな感じです。

 

上が腕、下が足です(汗)
ケノン体験レポート

 

ケノン体験レポート

 

この剛毛な手足をきれいに脱毛するために、早速ケノンを使ってみます!

 

ケノンの箱と中身です。
ケノン体験レポート

 

ケノン体験レポート

 

こちらは付属品。脱毛カートリッジの予備と、スキンケアモード用のカートリッジが1個。
それとアイシング用の保冷剤。電源コード。目を保護するサングラスが付属しています。
ケノン体験レポート

 

そしてこちらがハンドピース。この照射部分を肌にあててショットを打ちます。
ちなみに左にあるのはまゆげカッターです。
ケノン体験レポート

 

本体には小さな液晶モニターがついていて、これで各種設定を行います。
ケノン体験レポート

 

ケノン体験レポート

 

ショットレベルは1〜10まで調整可能。
レベルが上がるほどパワーも強力になりますが、そのぶん肌への刺激も大きくなります。
また、使用可能回数もレベルが上がるごとに減っていきます。

 

レベル設定の後は、連続ショット数の設定、ショットモードの設定、音量設定、コントラスト設定と続きます。
ケノン体験レポート

 

連続ショットは初期設定では1回にセットされています。
3回、6回とショット数が増えると、そのぶんエネルギーが分散されるので、刺激を感じにくいそうです。
痛みに弱い方は、高レベル照射の時は連続ショットを3回または6回にセットした方が良さそうですね。

 

ケノン体験レポート

 

ショットモードは手動・自動の2種類から選択できます。
手動の場合、ハンドピースについているボタンを自分で押してショットするようになります。

 

自動の場合、充電されると一定時間経過後、自動的にショットされるので、ボタンを押す必要はありません。
ハンドピースを動かすだけでショットできるので楽ですが、
うっかり動かすのを忘れてそのままにしていると、同じ場所に2度打ちしてしまうことがあります。

 

そのため、自分のペースでのんびりショットしたいという方は、手動モードを選んだ方がいいかもしれませんね。

 

 

実際にショットを打ってみました

それでは、サングラスをかけ、肌をアイシングして、いよいよショットを打ってみます。

 

ちなみにレベルは1、連続ショット数は1回、ショットモードは自動に設定しています。

 

ケノン体験レポート

 

こうして照射面を肌に軽く押し当てると、機械が自動的に検知して、ショットを打ってくれます。

 

ケノン体験レポート

 

パッと一瞬明るいフラッシュがたかれます。
レベル1のせいか、熱さや刺激などはまったく感じません。
1回のフラッシュの後、充電時間に入りますが、あっという間に終わるので、テンポ良く照射できます。

 

照射面も広いので、腕や足など面積の広い部位でも短時間で脱毛できるところがいいですね♪

 

1回目使用後の結果発表

ケノンは毛周期に合わせて脱毛するので、一度ショットを打ったら次回使用するのは2週間後です。
2週間が経過した頃、ピンセットでむだ毛をつまんで、するっと抜けるものだけを処理していってみたら・・・

 

ケノン体験レポート
使用前のこんな状態から

 

ケノン体験レポート
まばらですが、むだ毛が減っていました♪

 

抜ける時は本当に抵抗なくスムーズに抜けるので、
きちんと毛根までエネルギーが届いているんだなあと実感できました!

 

ケノン脱毛2回目スタート

1回目の脱毛だけで効果があったので、うれしくなってすぐに2回目スタート☆

 

今度はさらにレベルを上げて照射してみました。
段階的にレベルアップしてみましたが、2〜4レベルまでは
使用感はあまり変わらなかったので、思い切ってレベル5に設定。

 

ケノン体験レポート

 

ここから液晶モニタに「注意」マークが表示されるように・・・。

 

刺激が突然強くなるのかな?とちょっと不安でしたが、実際にショットを打ってみたところ、
レベル4より少し暖かいかな?というくらいで、痛みや熱さはやっぱりなし。

 

レベルが上がったせいか、次のショットを打つまでの充電時間が1〜2秒くらい長くなりましたが、
それでも片腕・片足にかかる時間はわずか10分ほど。
両手・両足を脱毛しても30〜40分で済むので、空き時間でもお手入れできます♪

 

そしてさらに2週間が経過したら、驚きの結果が!

 

ケノン体験レポート

 

ケノン体験レポート

 

1回目使用後にはまだまだむだ毛が目立ち、ボーボーという感じでしたが、
2回目照射後はぱっと見てわかるむだ毛はほんの少しだけ。

 

正直、1回目使用後の変化は、使用前と比べて微々たるものでしたが、
2回目使用後の変化ははっきりわかってびっくり!

 

細い産毛も抜けましたが、かなりしっかりした剛毛も抜けた時は感動しました♪

 

 

ケノン脱毛3回目!

ケノンの脱毛もいよいよ3回目になりました。
今回は前回よりさらに照射レベルをアップして使ってみました。

 

ケノン体験レポート

 

レベル7に設定し、ワンショットモードで照射します。

 

レベル5では肌に熱を感じたものの、刺激という刺激はほとんど感じなかったのですが・・・。
さすがにレベル7ともなると、ショット時の音も大きくなり、ポンッ→パンッという感じになりました。

 

また、使用感についても、やや刺激をともなうように。
まだ「痛い!」というレベルにはほど遠いものの、レベル7にして初めて肌に刺激を感じました。

 

レベル5までは、事前のアイシングも必要ないのでは?と思うほど低刺激でしたが、
レベル7はさすがにアイシング必須です。

 

ただ、逆に言うと、アイシングさえしっかりしていれば、それほど刺激は気になりません。

 

もちろん、これは手足の脱毛時の話で、皮膚が薄い部分、たとえば顔の肌やVIO脱毛に使う場合は、
高レベルでの照射は控えた方がいいと思います(汗)

 

個人的には、これらの部位に使用する場合は、最高でもレベル5くらいに抑えておくのがおすすめです。
痛みの問題だけでなく、顔やVIOは粘膜に近くてリスクも高いですしね。

 

また、このあたりから、音や刺激に加え、少し独特のニオイがするようになりました。
たとえるなら、ドライヤーを髪に当てすぎた時に感じるニオイ。
つまり、毛が焼かれるニオイですね。

 

それだけ照射エネルギーが強くなった証拠なのだと思います。
家庭用の光脱毛器でここまでの出力が出せるのは正直びっくりしました。

 

ちなみに私はちょうど気温が高い日に脱毛していて、部屋の窓を開けていたので良かったのですが、
閉め切った部屋で使用したら、ニオイに敏感な方はつらいかもしれません(汗)
そういうときは、レベルを落とすか、あるいはこまめに換気しながら使用するといいと思います♪

 

MAXレベルにも挑戦!

個人的には、レベル6までの時点でも十分な効果を実感できましたが、
せっかくなのでMAXレベルの10まで挑戦してみることにしました☆

 

結果は以下の通り。

  • レベル8・・・レベル7とあまり変わらず。若干音が大きくなったかも?
  • レベル9・・・照射時の音がパンッ→バチッに変化。音や光も大きくなり、充電時間も増加。

 

そしてMAXのレベル10は・・・
ケノン体験レポート

 

レベル9よりもさらにパワーアップしていて、本体の稼働音も大きくなりました。

 

連続ショット数1回で照射した場合、肌を弾かれたような刺激を感じます。
よく言う「輪ゴムで弾いたような」刺激です。

 

とはいえ、びっくりするような痛みでもないので、やはりレーザー脱毛に比べればマイルドな使用感と言えます。
ただ、ひととおり照射し終えた頃、ショットした部分が少しジンジンして熱を持っているような感じがしました。

 

レベル5以下の時はショット後のアイシングはあまり必要なく、むしろ体が冷えて逆につらい思いをしたのですが
レベル10使用後のアイシングはひんやり気持ちよくて、むしろこっちの方がクセになってしまいそうでした(笑)

 

 

3回目照射後の気になる結果は…

3回目の照射が完了し、2週間が経過しました。
早速、2回目照射後と3回目照射後の肌の変化を比べてみたいと思います。

 

まず、2回目照射後の腕の画像がこちら
ケノン体験レポート

 

そして3回目照射後の腕はこちらです!
ケノン体験レポート

 

2回目照射後の時点ですでにかなりのむだ毛が減っているので、変化がわかりにくいのですが(汗)
赤丸で囲った部分に何本か残っていたむだ毛が、するっときれいに抜けました♪

 

カミソリで処理した後によくあるザラザラ、ブツブツした肌触りもなく、すべすべでなめらかです☆

 

一方、足の方はと言うと、2回目照射後はこちら。
ケノン体験レポート

 

そして2週間後がこちら。
ケノン体験レポート

 

足の方も、赤丸で囲った部分に何本か薄いむだ毛が残っていたのですが、2週間後にはすっかり抜けたのがわかります!

 

肉眼で見ると、腕・足ともにまだぽつんぽつんとむだ毛が残っているのがわかるのですが、
それ以外は色素の薄い産毛のみ。

 

それこそ、腕や足を至近距離でじっくり見ないとわからない程度まできれいになってきました♪

 

ちなみに高レベルで照射した直後、肌がジンジンしたと書きましたが、
アイシングした後は特に痛んだり刺激を感じたりすることはなく、
肌に赤みや腫れが残ることもありませんでした。

 

アイシング以外は特別なケアはしていないので、たとえ刺激を感じたとしても、
お手入れ後にしっかり冷却すれば肌トラブルが起こる可能性は低いと思います。

 

ケノンの脱毛効果と感想

ケノンは1クール2週間なので、最初に使い始めてから6週間=約1ヶ月半が経過したことになりますが、
まさか2ヶ月たらずでここまでむだ毛が減るとは思いませんでした!

 

エステなどでは予約が取りにくいということもあり、
脱毛効果を感じ始めるまでには最低でも3ヶ月以上かかると聞いていたのですが、
ケノンは家庭用脱毛器でありながら、その半分以下の期間で
脱毛効果がはっきり実感できたので、大満足です!

 

毛が抜けた後は肌もなめらかになって、カミソリで処理したあとのように
ザラザラしたり、ブツブツが見えたりすることもなくなりました。

自然と肌の調子も良くなったので、私の場合、美肌効果もあり、一石二鳥でした!

 

カートリッジも腕・足ともにまんべんなくショットして、
まだ使用可能回数に余裕があります(レベルにもよりますが、大体1万発前後くらい)。

 

予備のカートリッジも付属されているので、
2個分使えば、むだ毛が気になるところのほとんどを脱毛できるのでは?と思いました☆

 

ケノンの実力やいかに?!剛毛さんでも使えるのか大調査!

脱毛に行きたいと考えていても実際にはなかなか足を運ぶまでに至らないことってありますよね。
少し恥ずかしかったりします。

 

女性でも脱毛に行くのを悩んでいる方がいるくらいですから、
男性でも毛に悩みがある方もいるはずです。

 

ケノン

「脱毛には行きたくない・行く時間がないけど
カミソリやシェーバーではもう納得できない。」
という方におすすめなのが家庭用脱毛器の「ケノン」です。

 

自分で手軽に脱毛箇所にレーザーを当てればいいだけですし、
威力の調整もできるので自分の毛質に合わせて脱毛できるということで人気です。

 

それでは、男性の髭・剛毛の女性・デリケートゾーンに分けて
ケノンの剛毛への効果を見ていくことにしましょう。

 

男性の髭

まず最初に男性の髭にはどのくらい効果があるのでしょうか?
実は家庭用脱毛器を使用している男性って少なくないんです。

 

実際の効果ですが
「脱毛エステに通っているころよりもコンスタントにお手入れができるため、髭が薄くなった」
「本当に効果があるのかと疑っていましたが、十分すぎるほどの効果がありました。髭が脱毛するたびに減ってきています。」
というようなクチコミもあります。

 

男性用の脱毛サロンのコースって結構高いんですよね。
50万してもおかしい話ではないようです。
そう考えるとケノンは69990円で買えますからコスト的にもとってもいいですよね。

 

女性の剛毛

剛毛で悩んでいるのは男性だけではありません。女性だって剛毛で悩みます。

 

脱毛サロンで気になる箇所を脱毛してもサロンは平均して6回以上通わないと効果は出ないとされています。
でもケノンだと、好きなときに脱毛ができますし、気になる箇所をすぐにお手入れできます。

 

そして剛毛への脱毛効果ですが、
「実は毛深いんです。指の毛とか剛毛で悩んでいましたが3回脱毛したら毛が生えてこなくなってびっくりです。」
「女ですが、顎にヒゲが生えたり、手の甲や指にまでしっかり毛が生えているくらい剛毛です。ケノンを先日使ってみましたが1回使用して、数日後に脱毛箇所の毛を引っ張るとポロっと抜けて感激しました。」

家庭用脱毛だからといってもケノンの脱毛効果はすごいようですね。

 

アンダーヘアー

また、ケノンを使ってアンダーヘアーのお手入れをする方もいます。

 

VIOラインの脱毛って結構痛いですよね。
でもケノンなら威力を調節できるので、マイペースに脱毛できます。

 

「VラインとIラインの威力を分けて脱毛しました。照射漏れのところはちょろちょろ生えていますが、しっかりと脱毛できましたよ♪」
「週1回、2ヶ月続けたらIラインは全滅しました!エステに通っていたのがもったいないくらい。」

 

女の子

実際に使用された方のクチコミをみても、ケノンは威力の調整ができるのと、
自分が脱毛したい箇所を脱毛できるということ、
そしてなにより効果がしっかりと出ることがわかりますね。

 

脱毛サロンで脱毛するよりもストレスなく、
コストも抑えてきれいになれるのがケノンです。

 

デリケートゾーンもケノンにおまかせ!

女性はその美しさを磨くために、毎日の食事から睡眠、飲む水の温度まで気を遣います。

 

女性が大切にする要素はいろいろとありますが、
そのなかのひとつに「きれいな肌」があげられます。

 

無駄な毛が生えていない肌は男女を問わず憧れる人も多いです。
今回は女性が気にする「VIOライン」の脱毛について調べてみました。


VIOとは

VIOラインとは、それぞれ体の部位を示します。
Vは足の付け根、Iは女性器の部分、Oはお尻まわりです。

 

 

Vラインという言葉が有名ですね。
なぜこの部分の脱毛が注目されるのかというと、毛量が特に多いためです。

 

無駄毛は女性の悩みの種でもありますし、大切な人と一夜を過ごす時には気になります。
また、VIOラインに無駄毛が多いと清潔さを保つのが難しくなり、皮膚トラブルの原因ともなるケースもあります。
現在女性の誰もが気になる部分と言えるでしょう。

 

大切な場所だからこそ

VIOラインは大切な場所だからこそ、信頼できる脱毛器具の使用をおすすめします。
本来であれば専門のエステサロンに通うのも良いのですが、
高い施術代や恥ずかしさから通うのに勇気がいります。

 

ケノン

また、一度トラブルが発生すると治療にも時間がかかる場所ですので、
脱毛には慎重にならなければなりません。

 

国内で販売されている「ケノン」は肌に優しい光方式の脱毛器具です。
エステサロンで使われるような技術を自宅で実現できる製品となっています。

 

興味がある方は公式サイトもチェックしてみましょう。
詳しい情報が掲載されています。

 


【体験レポ】脱毛器徹底比較!一番おすすめは……

家庭用脱毛器にも種類がいろいろありますよね。
買ってみようと思っても、迷ってなかなか決断できない方も多いのでは?

 

そこで、どの脱毛器がおすすめなのか、いろいろな脱毛器に手を出してみて比較検証してみました。

 

センスエピ

センスエピ

最初に使ってみたのがセンスエピという商品。
価格帯が3万円以下と安価だったので抵抗なく買えました。

 

イスラエル産の機械らしいですね、これ。
イスラエルは美容の国としても有名なんだとか。

 

レーザーではなく、フラッシュ照射脱毛なので、ほとんど痛みを伴わずに処理ができるのがありがたい。
しかし、後述する他の脱毛器に比べて、カートリッジの消耗が極端に早いような気が…。

 

これ、本体は安いけど、コストパフォーマンスあんまりよくないんじゃ。
安物買いの銭失い、かもしれませんね。

 

トリア

トリア

次に試したのが、トリア。
レーザーのやつですね。

 

レーザーは痛い、という固定観念があったので、試すのは避けようかと思ってましたが、
比較検証するのに避けては通れないと思い仕方なく手を出しました。

 

結果としてはやっぱり痛みが強く伴うものでした。
センスエピよりお値段もちょっぴりお高め、使ってる時の私涙目。

 

ケノン

ケノン

最後に挑戦したのが、ケノンです。
前評判が極端に高いので、実は懐疑的でした。

 

「本当に言われているほど効果があるのか?」
という疑問を解消すべく、脱毛にチャレンジ。

 

早い人で10日ほどで効果が出てきたようですが、
私は結果的に効果を実感できるまで1ヶ月かかりました。
ただ、センスエピやトリアより、確実な脱毛効果を実感できたのは確かです。

 

お値段は前述の2つの商品よりお高めですが、
カートリッジのフラッシュ照射回数が多い=長持ち=結果としてコスパがいい、と
個人的には思いますので、決して極端に高額な買い物ではないと思いました。

 

ケノンのカートリッジエクストラが凄い!

品種改良、モデルチェンジなど植物でも機械でも人はより良いものを追い求めて努力します。
より良いものを求める際には必ず元の土台が必要です。

 

土台があって初めて改良を行うことができます。
また土台の質もある程度よくなければ改良という段階まで達することができません。
開発と改良では意味が違うからです。
開発は一から、改良はすでにある程度の質を完成したものを一部より良くするために行うことです。

 

ケノンも他社と違う試みとして取り換え式のカートリッジを採用しました。
カートリッジ方式というだけで画期的な方法でしたが、
さらに改良がくわえられエクストララージカートリッジというものが誕生しました。

 

ケノンのカートリッジエクストラ

 

これは以前の物と違って照射面積が大きくなりました。
つまり照射範囲が大きくなることで効果が上がったということです。

 

一般的にレーザーの脱毛は照射面積がとても小さく脱毛にとても時間がかかります。
しかしケノンの脱毛器は照射面積を広くすることで短時間で効果が期待できるようになりました。

 

面積を広くすることでカートリッジの生産コストも上がります。
生産コストが上がれば顧客が離れることも予想できます。
しかし改良をいとわない企業は本当の意味で勇気や決断力がある企業だと言えます。

 

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器は、レーザー式とフラッシュ式に大別されています。

 

レーザー式とフラッシュ式を比較した場合、
早い脱毛効果が期待できるのがレーザー式、
ゆっくりと脱毛効果が現れるのがフラッシュ式です。

 

どちらもレーザーあるいは光の照射により脱毛を行うものですが、
全般的にレーザー式での処理は強い痛みを伴うことが多く、
そのため現在では、痛みの少ないフラッシュ式の製品に人気が集まっています。

 

家庭用脱毛器の選び方

 

本体価格だけではなく、消耗品の価格についても調査を行っておく

家庭用脱毛期の多くはカートリッジ式となっており、カートリッジが寿命を迎えた段階で、
新品のカートリッジに交換する必要があります。

 

家庭用脱毛器を購入する際には、のちのちの経済的負担も考慮し、
本体価格、カートリッジの価格、カートリッジの寿命をきちんと確認しておきましょう。


 

痛みの少ない製品を選ぶ

身体のどの部位であっても、体毛には発毛周期があり、
1回の脱毛処理ですべてが完了するというものではありません。
つまり、家庭用脱毛器とは長いおつきあいになるということです。

 

そこで毎回の処理で強い痛みを感じたら?継続が難しくなりますよね。
急いで脱毛を行う必要がないのであれば、効果の現れ方がゆっくりであっても、
痛みの少ないフラッシュ式がおススメです。

 

ハンドピースが軽量であること

脱毛器の中には、ハンドピース(照射を行う先端部分)が500グラムを超えるものもありますが、これでは腕のスタミナが持ちません。

 

脱毛部位にもよりますが、1回の脱毛処理には数十分の時間を必要とします。
目安としては、ハンドピースが200グラム以下であること。
なるべく腕への負担が少ない製品を選びましょう。

 

また、サーミコン式という製品も販売されていますが、
これは体毛を根元から焼き切る処理方法の製品であり、脱毛器とは異なります。

 

サーミコン式はお手軽価格で販売されていますが、
脱毛を行いたいのであれば不適切な製品であるということを知っておきましょうね。